独りよがり酵素ドリンク
*
ホーム > うつ病 > うつ病は早期発見が大事

うつ病は早期発見が大事

うつ病の年間患者数は毎年増加傾向にあり約73万人が各医療機関に受診し、子供から高齢者まで患う可能性がある"心の風邪"と言われています。うつ病の特徴としてあげられるのが心理症状では、意欲の低下・抑うつ気分・興味や喜びの喪失感・消えてしまいたいなど。身体の症状では、睡眠障害・食欲の低下・疲労感・動悸息切れ・倦怠感などが表れます。これらの症状をご自身が実感し、内科などに受診をして検査をしてもどこにも異常が無いと言われてしまいます。異常がないのに身体が不調だと実感した場合、多くの方がうつ病を発症している可能性があります。

先にも述べましたように、現代では誰もが発症をする"心の風邪"だと捉えて深刻な状態になる前に心療内科か精神科を受診しましょう。さて、うつ病を発症するきっかけは何かを見ていき、発症する前に事前に対処が出来ることをしてみましょう。

一番多いのが学校・職場の環境変化です。新しい環境に馴染めず無理をして役割をこなしていた時に心が悲鳴をあげてバランスを崩します。次に大切な人を亡くした時。最近では長年一緒に暮らしたペットの死を経験してうつ病になる方もいます。

辛いことがあったら友人や家族に心の内を話し肩の荷を置きましょう。相談する相手がいない方は心理カウンセラーを頼るのも良いでしょう。一人で考え込まず誰かを頼る事で心のバランスを整えられるのです。うつ病を治す食事 | うつ病改善研究所.com